オンラインショッピング
店舗情報
ゴマクロサロン
イタリアンごま料理レストラン[ピッコロモンド・ヤマダ]
へんこブログ色々
へんこ山田のブログ
ホーム > へんこ山田のこと > 「へんこ山田製油」=「一番絞りごま油」の誕生
「へんこ山田製油」=「一番絞りごま油」の誕生
『へんこ』とは…がんこ・かたくなという意味

山田製油の創業者である、三代目社長「山田康一」の祖父は、
マクロビオティック創設者である、 恩師・桜沢如一氏に師事し
「世のため人のためになる食品を作りなさい」 と勧められた
ことから≪一番搾りごま油≫を作ったのです。
おじいさん

ごまは香りの調味料

ごま油をはじめ、ごま製品では味とともに香りも
美味しさの重要な要素と考えています。
それぞれの良い香りの瞬間をのがさないように、
当社製造スタッフは「コーヒー・タバコ禁止」であり、
味覚や嗅覚を整え、日々製品づくりに励んでいます。
圧搾機

創業者から受け継いだ一番絞ごま油
一番絞りごま油